大きな平屋60坪の家・・・技術の伝承。。

10月に入りました。。
空気が澄んでとても気持ちの良い秋晴れの日が続いておりましたが
来週あたり本土に台風が上陸するとか・・・。
天災だけはどうしようもありませんが、台風がそれてくれる事を祈るばかり
です。。

さて60坪の大きな平屋の進捗です。
親世帯、子世帯と二名の大工さんが同時先行で現場は進んでおりましたが、
昨日は子世帯のロフトの鉄砲階段(直階段)の側板の施工を我が社の若手の
ホープがしておりまして、そのそばで棟梁が和室の施工をしながら要所要所で
的確なアドバイスをしていました。
寸分の狂いも許さない匠の技術を伝承している姿に私は釘づけでした。。

職人さんの師弟関係って厳しいと思いますけど、なんか羨ましい関係だなと思いました。



これが階段の側板です。
踏み板と蹴込み板の部分の溝を彫ってる所です。
直階段の側板は長物ですので広いスペースで加工をして
階段スペースで合わせ微調整していく、傷つけない様にと
すごく慎重に作業をしてました。


これは仮合わせの状況です。



上がり部分の蹴込み板の溝がピッタリ合う様に施工されました。

ひとつひとつ何をとっても妥協を許さない棟梁の仕事が
こうして伝承されていくのは素晴らしい事だなぁと思います。

日本建築のすばらしさを江尻建築で学ばせてもらっております。

 


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM